見えないからこそイイわけで

ホステスの鉄の掟

「すべてを明かさない」は、ホステス研修や女子向け恋愛講座で

お話しています。

「嘘」はいけない・・・でも必要情報以外は見せる必要はないと思っています。


すべてを見せて、それを受け入れてもらえるのは、それが一番いいけれど

ドラマでも最終回を知ってしまえば、次々に見ようと思う興味が失せるのと同じように

知らせなくてもいいことは、墓場まで持っていけばいいと思っている。



そんな、私の父親が最近 白内障とその他諸々を取り除く手術をして

どうやら、視界が明るくなり、バラ色の生活を送っている・・・?


今までは、あまり見えないからとテレビを見ることもなくなり

大好きなスーパーへのお買い物も行かなくなったけれど

目の手術をしてからというもの、活動範囲が広がった。


手術を終えた後、眼帯をとった開口一番は何だったかというと

「あんた 化粧厚くない?」ですよ・・・(笑)。


そして、今まで見えなかった家の中の埃や、床に落ちた一本の髪の毛も指摘するという

もう、口うるさい舅ジイサンになってしまった(笑)。


ご飯を一緒に食べようと、食卓で向かい合わせになり

私の顔を見るなり「あんたのその肌荒れは何」と言ってくるし(笑)


やっぱりね

すべては見えない方がいいんですよ(笑)。


私の視力は、ほどよく皆さん 美男美女に見えるので

このくらいでいいです(笑)。


すべては、私には必要ありません(爆)。



ちょっとだけミステリアスに生きましょう?


株式会社 JBM Enterprise

人材育成コンサルティングサービス

0コメント

  • 1000 / 1000