お寺で手づくり祝賀会 Vol.4 「飲料課」のオシゴト

ところで、これ、何話までになるんだろう・・・(笑)。

ま、いっか。

無計画、いきあたりばったりな感じで書いています(笑)。


組織を作る


担当ごとに、どんなことを行ったかご紹介することにしますね。





今回の飲料のメインは、お土産にお持ち帰りいただく「立春朝搾り」と

蔵元を招いての「獺祭」ほかプレミアム酒の試飲でした。



2月4日は立春。

1年のはじまりというおめでたい日に

その日の朝に搾った、お祓いを受けたおめでたいお酒を飲んでいただきたいことと

椛のコンセプトである「人と人が繋がって欲しい」と

そこに集まるたくさんの方々に良きご縁を結んでいただきたいという思いで

2月4日に行うことにしました。



また日曜日であることから、次の日の皆さんの勤務に差支えないよう、

昼間の早い時間からはじめ

二日酔いにならない程度でお開きに・・・という予定でしたが

お酒好きの方は、スタートがたとえ昼であろうと夜であろうと

午前様になるまで呑むということを、知った日でもありました(笑)。


↑何時に開催しても
午前様になる方々(主に日本酒会メンバー 笑)
たぶん、朝から始めても同じ結果になったように思いますが・・・(笑)。



飲料は、椛を開店した時に、

一緒にコーディネートしていただいた業者さん(メーカーさん・酒販店さん)に

10年という節目を仕切っていただきました。


開店当初、右も左もわからず、お酒のこともよく知らない私で

このお店大丈夫だろうか?と思っていたんじゃないかなと思いますが(笑)

この節目にもお手伝いいただけたこと、本当に感謝感謝です。



お土産の男山 立春朝搾り

朝の6時くらいからと聞いていますが、ひとつひとつ

参加される皆さんのために、寒い中140本の瓶詰をして、ラベルを貼って

運んできてくださいました。

お寺で行うのに、神様のお祓いを受けたお酒ですが(笑)

ままま、それは みなさん ちょっと忘れてちょーだいな(笑)な感じで

搾りたてホヤホヤのおめでたいお酒を、皆様にお届けすることができました(^^)。



獺祭の蔵元もお招きしました。

山口県からありがとうございます😊


今回は飲み放題のお酒以外

獺祭ほか、男山の日本酒やマッカランなど、ちょっと高価な

プレミアムのお酒は500円のワンコインで試飲していただくことに(^^)。


各メーカーさん、酒販店さんのブース紹介タイムもあり★



このワンコインについての、どたばた劇は次の記事でご紹介します(^^)。




いつもの業務でもそうですが

祝賀会でも業者さんには、大変お世話になりました。




ありがとうございました。

今後共、よろしくお願い申し上げます(^^)。









0コメント

  • 1000 / 1000