お寺で手づくり祝賀会 Vol.3 「組織をつくる」

お寺を何度訪問して下見したことでしょう。

始めに訪問したのは、枯れ葉が舞い落ちる頃でした。


祝賀会を開催するにあたって、規模的に

20名くらいのお手伝いが必要ではないかと思っていました。


ひとつ、わが店には問題があって

99%が大学生のアルバイトさん。この時期、国家試験を控えている学生が多く

今年は3名の学生が該当しており、他、この期間はテスト期間にぶつかることもあり

ほとんどのスタッフがお休み期間に入るのです。


学生の本業を優先していただく傍ら、こういった大きな問題にぶちあたります。


どう考えても

少人数のスタッフだけでは対応できるスケールではないので

ここはひとつ、信頼できる方にサポートをお願いすることにしました。



まずは、担当者から決め、その後 お手伝いいただける方を募ることに。

「この方なら」と、椛の事情を知る 私がもっとも信頼のおける方々に

お願いすることにしました。



自分の中で、実行委員の構成はというと

会社組織と同じで、所属課を作り、それぞれの管理職を

置くようなイメージです。


・設営、進行課

・食事ブース課

・飲料ブース課

・餅つき課

・茶立て課

・受付課


そして、前日決まった 交通整理課(爆)



いつものお付き合いの中で、その方の得意なことが私の中にインプットされています。


イベントを数多くこなしている方

機械に強い方

調理が得意な方

お茶を点てられる方

餅つきを知っている方

いつもお世話になっている業者さん

ゲームに詳しい方

お金の管理はやっぱり銀行マンでしょう! ということで


適材適所に担当を振り分けさせていただき

それぞれの課長さんたちとアイデアを出しあい、形にしていきました。


第一回目の全体会議では、予定時間を超え2時間白熱した会議となり

会議の後は、懇親会で盛り上がりました(*^^*)


0コメント

  • 1000 / 1000