愛を持って叱ろう

人を育てる時

褒めてばっかりもだめ

叱ってばかりもだめ

バランスが必要なんだと思う。


いわゆる「アメ」と「ムチ」。


アメばかり与えるとデブになるし(笑)

ムチばかりだと、ガリガリになるし

標準体型を保つためには、偏りすぎないことがコツなのかな。


先日、お店に、ある営業に訪れた女の子に一喝しました。


私、年に1~2回くらいしか怒らないんですけど

久々に、「コノヤロー」スイッチが入りました(笑)。


内容は割愛するとして

う~ん 他社の子にヤっちゃっていいのかな?と一瞬悩んだんですよね。

でも、これが続くとこの子の対応で、会社の契約がどんどん減るなと思って

もし、自分のところの従業員が知らないところで、そんなことをしてしまっていたとしたら

教えて欲しいと思うだろうな・・・と思って、こちらも勇気を持ってヤッタわけです。

いま、こういう立場で、様々な企業の若者を育てていることもあるしなぁ・・と。


自分が営業時代に叱られたことが身になって、ここまで来られていることを考えると

「お客さんに叱られる」ことは、「お客さんに育てられる」ことであり

これは、今でも、これからも続くでしょうし

ステップアップできることだと身をもって理解しているので、他社の子とはいえど

こちらも真剣に、何故それがいけないのか裏付けをもとに叱ったわけです。

最後は「がんばってね」と別れたのですが・・・。



その後、上の方と一緒にお店を訪れてくださいました。

私は、別にそれがよくないことだけわかってくれればOKだったので

わざわざ来なくてもいいよと、

もともと、ミスなんて誰にでもあるんだし、

実際に、私たちだって、お詫びしなければいけない場面も多々あるし

これはもうお互いさまだと思っているのと

私もしつこい性格じゃないので、その場でおしまいにしてしまいたい人間なんですが

それでも、きちんとしたいのでということで、来店してくださいました。


きっと、その女の子

すごい緊張して、私にまた何言われるんだろう~と

ドキドキしたり、いや~な気分になって行きたくないなーって

思っていたと思うんです(笑)。



苦手意識を持って

そのまま、距離をおいてしまう人も多いと思います。

でも、あえてそこに足を向けてきました。


聞けば21歳社会人なりたての女の子。

顧客先への訪問のマナーも教えてもらえないまま、顧客先に足を向けた結果の

今回の出来事。


でも、よく頑張ってきたな~っ えらいな~って思いました。


めんこいので、先日 ポルトガルで買ってきた高級チョコレートをあげました(笑)。




そうしたら、涙を浮かべて

「私なんかにくれるんですか?」と喜んでくれました。


なんか、さらに めんこいな~と思いました(*^^*)。



素直なんですよ。

ただ、教わっていないだけなんです。



「この前、ああやって言われて辛かったかい?」と聞くと

「あの後泣きました」と言っていました。



だろうね(笑)。




私が真剣に叱ると、たいていの女の子は泣きます。


声を荒げたり、ヒステリーに感情的になることはありませんが

だからこそ、すごく怖いそうデス(笑)。



女の子には、かなり甘い私ですが、叱った時に流す涙には

私はまったく動じません。


泣いている時間は、根比べの真剣勝負の時間であり

言葉は悪いですが、駆け引きの時間です。


そのあとは、頭をポンポンと叩いたり、ハグしておしまいです(*^^*)。


どうでもいい人には、どうでもいい対応をするし

叱りもしないんですよね。

真剣に育てたいと思えば思う程、かなり厳しくなります。




あの子をナンバーワン営業に育てたい なんて 

そんなことを思った昨夜でした(*^^*)。


JBM Enterprise

人材育成コンサルティングサービス

0コメント

  • 1000 / 1000