ホステス研修

ホステス研修のご依頼をいただきました(*^^*)。

お店のリニューアルと同時にキャストさんの気持ちも新たに✨と。


当社のバー経営は

過去、私が他業種を渡り歩いた経験に基づいて企業化させてきたもので、

はじめの2年くらいまでは

「飲み屋さんなんて…」とか「どうせ飲み屋のオンナは…」という偏見ばかりで

えらい世界に飛び込んじゃった!失敗した!と思いましたが(笑)、

その偏見も、時と共に当社の取り組みを理解してくださる方も増えて

今では、その問題もほとんど払拭できたように思います。



開店当初からしばらくは

「異色のバー」と言われましたが

有難いことに、そのような取り組みに賛同してくださる街の方々や、

スナックやバーのママさんたちもいらっしゃって、

今後は、どのように取り組んできたのかを、研修という形で、シェアしていくことに致しました。


お客様に喜んでもらえるお店づくりをしたいと

強く願うママさんの思いを形にしていきたいと思います。


昨日、Face Bookでご案内したところ

道外のスナックを経営するママさんからメッセージが早速届きました。


みなさん、同じ悩みを抱えているんだなぁと・・。


接客ももちろんですが、その前にホステスとしての在り方、お店の一員としての在り方を

ホステスさんたちに理解してもらえず、苦悩しているママさんが

とても多いのです。


実は相談の全部がこれです。


まず、そこをしっかり理解できないと、よい接客をしなくてはならないというところに

たどり着かないんですね。




ホステスの接客研修は

火の付け方やお酒の飲み方を学ぶわけではありません(笑)。

チャンスボトルは開けろ!!とか枕営業とか、そういったお話でもありません(笑)。


お酒を飲むだけであれば、肝臓さえ強ければ、習わなくても誰にでもできます。


一般企業での取り組みを

水商売にダウンロードしていくだけです。


一般の接客研修と違うところは

やはり飲み屋さんというところ

「オトコ」と「オンナ」の事情が絡む場合があるので

そのトラブルを回避したコミュニケーションの方法も学ぶ必要があります。


ホステスとしてのプライドとは何ぞや?に基づいて

お店の一員としてどうあるべきか

また、どういった接客をしていこうかを

その店舗のカラーに合わせたものを作りあげていこうと思います。



水商売のイメージを変えたいですね(^_^)


「だから飲み屋のオンナは・・・」とバカにされないホステスになりましょう。


この仕事こそが

接客のスペシャリストになれるのだと

ホステスさんたちに、もっともっと

プライドを持って仕事をして欲しいと思っています。


そのためには、外見だけではなく

常識を備える、知をまとっていく、マナーや言葉遣いなど

細かいことに気をつかっていくことも大事です。


どの職業にも言えることですが


「品格」が大事なんです。




こんな感じの(爆)!

新しいホステスさんたちを どんどん誕生させたいですね☆

CAさんと並ぶくらい、憧れの職業になれたらいいですね~(*^^*)。


ホステス養成講座もやってみたいのですが

まず、ホステスになりたいという応募願書が届くかどうか そこからだよね(笑)と

昨夜のスタッフとの笑い話でしたが


でも、多店舗の新人ホステスさんを集めた「ホステス新人研修」は

実現させたいな~なんて考えています(*^^*)。

0コメント

  • 1000 / 1000