可愛い子には旅をさせよう〜生きていく術を身につける

昨日、当社の海外事業部では
シドニー留学に向けて最後の
母娘レクチャーを行いました。


手荷物の注意事項から、空港でのチェックインの仕方、
入国手続きの書き方やシドニーに到着するまで、
そして、ホームステイでのマナーや
コミュニケーションの取り方、学校での過ごし方など、細かく説明しました。

すっかりやる気満々のことちゃん❣️
1ヶ月間シドニーに留学でーす(^_^)!

旭川に実家があり、高知県の大学に通っている大学生で、卒業後は旭川に帰ってきたいとのこと(^_^)✨

昨日は、高知からの帰省ということで
お土産を買ってきてくださいました❤️

ことちゃん、ありがとうー╰(*´︶`*)╯♡
みんなでいただきました、美味しかったよ〜❤️

この日が来るまで
シドニー担当者のyuko含め、4人でグループラインで、和気藹々と計画をたて、
お母様とは、何度か実際にお会いして
打ち合わせを重ねておりました。

ホームステイ先を決めたり
学校を決めたり
シドニーと連携を取りながら
快適な留学生活を送れるよう
自分がプチ留学した時に、不自由に感じた部分をすべてフォローし、
シドニー担当者の留学やワーキングホリデー経験と合わせて
プランをたてました。



あとは、8月末に出発するのみ!

私の渡航と日程がかぶらなければ
旅グッズも無料で貸し出ししたり、使い捨てのものは差し上げちゃう(^_^)✨

このお仕事をしながら
ウエディングプランナーのお仕事って
こんな気持ちなのかなーと思うことがあります。
ワクワク&門出のお手伝い(^_^)❤️って
ものすごく楽しい╰(*´︶`*)╯♡

といいますか
かなり、私の夢を託しているところが
ありますが(笑)✨


2月にシドニーに視察に訪れた時に
ホームステイしている学生さんが
海外に留学することによって
とても積極的になり、自分が変われたというお話をされていました。

これは、私も実感しています。
ぷち留学から、
根拠のない自信(度胸)がつき、
次の年から、何故か英語圏ではないヨーロッパを1人でまわったりしています(笑)。

海外留学は、人を変えます(^_^)✨

知らない土地で、知恵を絞って生きていくことは、心を強くします。


……

人を変えるといえば、こちらもそうでしょう!



北極男 荻ちゃんが毎年子供達を引き連れ
目標地点まで歩きます。




子供達がみんなで、ご飯を作ったり
仲間と共に苦楽を共にし、目標に向かっていきます。

考え、知恵を出しながら、生きていく日々。


今ではググれば何でも出てくるし
便利な世の中になった分
考えることをしなくなりました。

携帯電話がなかったら、とたんに
何もできない時代になってしまいました。

それでもまだ
黒電話時代を生きてきた人たちは
何とか生きていけそうですが
生まれてから便利な世界で生きてきた若者は、
その先どうするのでしょう?


北極を歩く荻ちゃん
「帰りたくても、歩かないとたどり着かないから、歩くしかない」
と過去に言っていました。
そうなんです。
どんなに叫んだって、誰も助けてくれないのです。
だから、自分しか頼る者なく
やるしかないんです。



彼の比ではないけれど、私も
初めてのお一人様ヨーロッパの時に
同じように、何が何でも
アパートに、たどり着かないことには
最後、日本にも帰れないんだと思うと、
怠け者の私でも、やらざるを得なかったからこそ、
今、一切ツアーを利用せず、
ひとりでヨーロッパにも行けるようになりました。
鉄道を予約し、
移動することもできるようにもなりましたよ✨


北極とは、レベルが全然違いますが、

その時は
1日1日、毎日 生きることで精一杯(笑)。

生きて行く術を探すこと
その経験が 私を変えたと思っています。


経験した者だけがわかります。

若者には、どんどんチャレンジして欲しいな〜❣️

今度、私たちは
シドニーから、北海道へ来ていただく
逆のプランに挑戦したいと思っています(^_^)✨




0コメント

  • 1000 / 1000