アンタ どこの馬の骨やねん?

新店舗をOPENし、先日多目的スペースが完成しました。

自社開催の講座も、少しず~つ ゆる~く開催していこうと思います。


何からやろうかな?と思っていて

男女関係の話から行こうと思っていたんだけど

最近、たくさんの営業マンたちにお会いする機会が多く

こりゃあかんと思うところ多々あり、

実は、昨日もある営業マンに、冷たいかな?と思ったんだけど

「今日、はじめて会ったのにハンコは押さないよ?」と一喝した次第。


新店舗をOPENすると、毎日、主に広告業の方々が立て続けに営業に来ます。

私も、もともとは営業畑の人間なので、頑張っている営業マン、すごく応援したく

少しでも数字になればいいな~って、微力ながら協力しようと心がけているわけなんだけど

簡単に契約をもらおうと安易に考えている営業マンのとっても多いこと。

契約がもらえないと、すぐに諦めてしまうのも特徴。

すごくもったいないな~って思います。


商品が良くても、営業マンが良くないと売れない。

営業マンが良いと、多少、他社と比較して高い商品でも、商品の品質がイマイチでも

売れる場合も多い。


すべては、コミュニケーション力。

それは、聴く力もそうだし、相手にどれだけの情報提供と提案、ベネフィットを

プレゼンできるかにかかってくるわけで。

売る営業マンは、商品説明なんかしなくても

「人付き合い」だけでバカスカ売っている(笑)。


相手の懐に、どう ドボンと飛び込んでいくか。


これができると、人脈が広がってくる。

そのコツというか

単純に誠意をもって人と接することに尽きる訳だけど

それをきちんとやっていれば、相手方から近づいてくることも多い。



よく企業で商品説明のロープレをやったりすると思うんだけど

もちろん、それも大事な要素だけど

はっきりいって説明なんて聞いているお客さん、あまりいないわけ(笑)。


そんな私も、聞いてて「だるいなー 早く終わんないかなー」と思っているクチ(ごめん 笑)。



でも、この人の頼みなら・・・とか、こんなに頑張っているんだから・・・と

そこは、もうお付き合いの深さで、必要な時期が訪れた時にその人にお願いする。

内容はどうであれ(爆)。



タイミングの悪い営業マンというのも存在する。

それは、運がたまたま悪い場合もあるけれど

ほとんどは、「相手のことをよく見ていない」から、そういうことが起こる。


相手が、どんな時間帯でどんな動きをしているのかしっかり把握していれば

そういったことは、あまり起こらない。


恋愛のタイミングの悪い人も意外と似ていて

一方的に自分の思い(営業であれば契約という目的)を果たすことだけを考えていて

とにかく結論を急ごうとする・・・相手の状況も考えずに。


だから嫌われる。



たとえば、OPEN当初のランチ時間。

私は、現場に入っているわけで どったんばったんやっているのに

どうして12時に電話や訪問してくるかなーと思うわけ(笑)。

できる営業マンは、絶対にそこをはずして連絡をしてきます。


「今、ちょっとたてこんでいるので・・・」と言うと

「あっ すみません。 で、 ひとつだけ聞かせていただきたいんですが・・・」と

そこでまた粘る(笑)。


だから、今だめだっていってるじゃ~~~ん おいこら! です(笑)。

こちらは、お客様に1分でも早く食事や飲物を出したい、レジを打ちたいわけで

お願いだから、空気読んでちょーだいな という感じでいるにも関わらず

鞄からゴソゴソと資料を出して何とか説明にこぎつけようとする。


10人中7人がそう。


あかんやろ(笑)。


そんな、

新規顧客ターゲットに選ばれたもみじですが

営業マン講座に選ばれたあなたも当社の「営業マン講座」の新規顧客ターゲットです(笑)。


そんなこんなで、ちゃんと営業するまで ハンコは押さんでぇ~~(笑)♡



売れる営業マンと売れない営業マンの違いがどこにあるのか

そんな話も含めた講座からスタートしたいと思います。



主に営業マン(人と接するビジネスマンならどなたでも良いのですが)を対象に

マナーやコミュニケーション、幹事の役割、接待・会合講座など

開催したいと思います。




というか、

相手がアタシっていうのが まずいんだと思う(ごめんな~ 笑)。




相手が悪い(笑)。


あたすも冷たいっす(笑)。

JBM Enterprise

人材育成コンサルティングサービス

0コメント

  • 1000 / 1000