お寺で手づくり祝賀会 Vol.6「餅つき課」のオシゴト

日本文化を伝えよう…じゃあ何をする?

この度、企画したのは
「餅つき」と「茶立て」です。

餅つきと簡単に言ったはいいけど
さて…?

杵と臼はどうするんだろ?
お米ってどう扱うの?

だいたい、どうやって準備するの?から始まった餅つき企画(笑)。

言い出したものの
「?」が、たくさんでした。

子供のころ、お餅をついている様子を見たことはあるものの
実際に準備しているところを見たこともなく、
アイデアをだしたは良いけれど

「この後どーするの?」

ぽかーん


そんな感じ(笑)。


すると、ピカー💡💕

いるいる、年末に毎年、会社で
お餅つきをしている方が…❤️ うっししし


そんな彼女に甘えて
お米を蒸すところから、すべて
準備をしていただいたのでした💕

おまけに彼女は、事前に
お餅つきの手順を動画にて、皆さん宛ての
グループページにアップしてくださって
誰もがイメージしやすいように
丁寧に説明を入れてくれたのでした*(^o^)/*

当日は、餅つき用の
面白い音楽と共にペッタンペッタン✨

大谷くん 東京からご参加ありがとう😊
林市議もペッタンコ〜♫
旭川薬剤師会会長 藤澤先生も
ペッタンコ〜♫


ついたお餅を、その場で食べたいところですが、
保健所の指導で
ついたお餅は食べてはいけない規則になっており、
このお餅つきの間に
椛っ子たちが、紅白の大福を皆さまの席に
お配りさせていただきました(^_^)。

お餅つきって
実はものすごく大変なんだと知らされた
今回の祝賀会でした!


JBM Enterprise

人材育成コンサルティングサービス

0コメント

  • 1000 / 1000