愛を届ける~配達のおはなし

去る11月21日 無事に?歳を重ねることができました(*^^*)。


↑愛犬 キャンディーが、ケーキに❣️(*>∀<*)


たくさんの方にお祝いしていただき

いくつになっても嬉しいものだなぁ~と感じた数日でした。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


私たちBARのお仕事をしていると

お誕生日や周年イベントというのがあって、ありがたいことに

たくさんのお祝いやお花をいただきます(*^^*)。


そんな時、いつも思うのですが

配達員さん

送り主の代わりに愛を届けているという意識を持つと、もっと印象が変わるな~って。


お花に限らずですが、配達する方のほとんどが

「届ける」という作業だけしかしません。


渡して、印鑑をもらって・・・。


たしかに、配達員さんの任務はそこで終了しますが、

もう一歩★プラスαで

最高の笑顔でにっこり

「お誕生日(イベント事何でも良いのですが)なんですね、おめでとうございます。

○○様から、お花をお預かりしております❤」とかね 一言なにか言葉を添えて届けると


「あぁ~ ここは、こうやって先方に届けてくれるんだな・・・」と

次回は、そこのお花屋さんなり、ショップにお願いするポイントになったりするかも?(*^^*)


たしかに、お花の持ちが良いとか

良いお花を造るとか、色々ありますが

配達というのは、「誰かの代わりに」届けるわけで

その方の思いを最大限にしてあげられる、ちょっと気の利いた一言も

「サービス」なのかな?と思っています。


しかも、笑顔や言葉は経費がかかりませんし、難しいものではありません (*^^*)。


これは、ラーメンの出前でも、宅配便でもすべての配達において言えることなのかなぁと・・・。


「せっかく、届けるなら」最高に感じ良く❤



この「作業」について、ひとつ書きますが

今回の誕生日で、大事な友人から「当日指定」でお花が届くはずだったんです。

でも、本人から「届いてる?」という連絡が来るまで、まったくわかりませんでした。


どういうことかというと、ポストを開けないであろう時間に

「不在通知」が入っていたんですね。


しかも、期限はたった1日で、不在届が発見された日(翌日)が期限でした。

気づいたのは、もう受付終了の時間です。(が~ん)




これが、冷凍のシャケやいくらなら、その日じゃなくても保存ができるから

良いんですよ(笑)。


でも「お花」というのは、ほとんどが「お祝い」のはずなんです。

お悔やみの供花などもありますが・・・。


だから、送り主にとっては、当日じゃないと意味がないのです。

お祝いも、お通夜や葬儀も。


その点、お花屋さんのほとんどは、そこを理解していて

不在でも送り主に電話を入れたり、確認するところが多いのですが・・・。


そんな話を、送り主の友人としているうちに、こんな話が・・・。

「猫の砂を8L×6袋、ネットショップで買って、不在ボックスにドーンと入っていたは良いけれど

箱がビクとも動かなくて大変だった」

「配送業者が良くないので

別の配送業者にお願いしている、違うショップに変えた」など


これは、配送業者だけではなく、そこと取引しているお店の売上にも

影響してくるということです。


もともと、ネットショップで重たいものを買うというのは

運ぶのが面倒で、ネットでお買い物しているのですから

部屋まで運んでもらえないなら、スーパーに買いに行っても同じなんです(笑)。


ほんのちょっとのコトなのですが


「ただ届ければいい」「いなければ不在届やボックスに入れておけばいい」

というのではなく

その先に、何があってこれが届けられるのか?という想像力を養うことも

配送する方には、備えていると良い力なのかな?と思います。



この「想像力」と「気の利かせ」ができるだけで

ひとつリードできるような気がしています(*^^*)。




そんなこんなで
やっと、お花と会うことができました💐

ありがとう~❤

JBM Enterprise

人材育成コンサルティングサービス

0コメント

  • 1000 / 1000