jbmcons

記事一覧(180)

旭川経済の復旧

旭川の一大イベント北の恵み食べマルシェが終わりました😊地震や停電があり旭川では倒壊はなかったものの停電による打撃を受けた企業が何社もあります。ウン千万とか1日の停電で吹っ飛ぶんだなぁと冷蔵、冷凍食品を抱えるところやシステムダウンでパソコンが稼働せず会社に出勤しても、机の前にいるだけとか電気にどれだけ頼った生活を送っているのかを思い知らされた数日でした。こんなとき、アナログなソロバンや電卓、手書きの伝票でお仕事をされている企業は強いのかしら…(笑)。ささやかれているのは、今回の諸々でたたむ企業も出てくるだろうということと経済が復旧するまで、各企業が持ちこたえられるかどうか…深刻な問題です。食べマルシェでも感じたのはあれだけいた外国人観光客が、まったく姿を消してしまったこと。どこに行ったんじゃー!そんなこんなで旭川市で風評被害を吹き飛ばすためにビデオを作成したそうなのでぜひ、みなさんシェアしていただけると嬉しいです😊元気です!旭川不便を感じているのは豆腐と牛乳などの乳製品が少しだけ手に入り辛い程度で、そう不自由はしていません。個人的に言えば宴会の自粛等や観光客減りによるお店の存続が今後どうなるかの不安といったところでしょうか。 新店舗オープンで、軌道に乗せるまでただでさえ大変なのにこれかー!といった感じで全力で回復に努めています。けっこう、シャレにならないくらい大変ざんす。ままま、そうは言ってもねもう、やるしかないわけですよ。みんな、心配して無理しないようにと言ってくださるんだけど新店舗を軌道に乗せることスタッフの生活を守ること会社を存続するためには今、無理をしないとならない時期なんですね、これがまた😅決して人に任せられないとか自分でやらないと気が済まないということではなく、新しい事業をすることってパワーいるんです。ましてや、もともと難しい場所の買物公園に身を投じたわけですからこれはもう、死ぬ気でやらないと。ただ、頭のどこかには、覚悟と裏腹に私は創業者なので、始めるもやめるも、私が決断できダメならその時はその時でと椛の開店10周年も終えたこともあり、開き直ったそんな気持ちも常に持ち合わせています。今年は、父親の繰り返す入退院ももれなくついてきてほんとにひっどい年だなぁとブツブツ言いながらそれでも、仲間と助け合って楽しくやっています😊大変な時こそ力になってくれる人こそ宝です。

世界を変える二人のコラボ講演が決定しました🌸

今、絶対に会っておいたほうが良いと思う二人のコラボ講演を弊社の多目的ルームで行います。これをSNS上に掲載したらすぐに問い合わせがありました。弟から(笑)。「どーして、岩元さんのこと知ってるわけ?日経ビジネスで世界で一番になった方でしょう?どういう繋がり?」と身内でも、そういう話はしたことなかったので、びっくりしたみたいで特に、研究者である弟には神のような存在らしく、 FukuFukuプロジェクトのことも知っていたしどうしてバイオエタノールなのか?どうして、そういう考えにたどり着いたのか?など質問攻めにあい、金曜日じゃなかったら、絶対に行ったのにと言われた…普段、ぜんぜん北海道に来ないのに(笑)。そして、北極冒険家 荻ちゃんとのダブル講演ときたので、更にシビれるらしい(笑)。お二人とは、仲良くさせていただいており、今回のこの講演に至ったわけだけどこのような機会はもうないと思うのでぜひ、チャンスを逃さないで欲しいんだよなぁー😊 ちまたでは岩元さん、ノーベル平和賞をとるのでは?とささやかれていますし二人に学ぶこと、たくさんあります。今回は多目的ルーム利用ということで公民館風講演会で、飲食しながらのラフな講演会となります😊ピンと来た方は、ご連絡くださいね😊

新入職員の離職率

雑誌にこのような見出しが出ていました。最近の企業のお悩みはこれに尽きます(^◇^;)。若者を採用して思うのは10年前の20歳5年前の20歳いまの20歳では、まったく違います。先日、高校の進路指導の先生とも何が悪いんだろう?とお話していたのですが「親が子供を離したがらない」ことも要因のひとつでは?と。たしかに、ここ数年アルバイトの親子応募や面接に親が付き添うなど物凄く、親同伴が増えました。履歴書を持ってくるようにいうと「情報なしではだめですか?個人情報なので」という始末。こちらも身元不明のスタッフは入れられないよーということで、ご縁がなかったことも。心配、可愛いのは理解できるのですがいつまでその子の面倒をみることができるのかな?と思うわけです。一生なら良いのですが退職を迎えたり病気になったり、さまざまなシーンを迎えるわけでその時に我が子は一人で生きていく力を備えられているかどうか、それを育てるのも親の役目なのかなと思っています。特にあさひかわは、自宅住まいの若者が多く自分で稼いだお金で暮らしている子はとても少ないように思います。その生活の危機感があるかないかで働き方も変わると思うのですが親自体が「辛かったらやめなさい」とすぐに退職を促すようではますます、このような状態が続くのではないかなと思います。就職難という危機感がきたらまたガラっと変わるのでしょうけどんー…どうなんでしょうね。最近では、新入社員研修に大金を突っ込むのも、もう少し様子をみてからにしては?とこちらから提案するほどで、ある程度の期間までは企業も少しドライになっても良いのかな?とそうじゃないと、企業も疲弊してしまう感じがしています。企業は採用、育成にかなり意気込むのですが働く側は、なんとなく就職したなど温度差を感じる部分もありこの温度差を埋める方法を考えていきたいですね😊アジアなどは職に飢えていてまじめに働くし、とにかく一生懸命。やはり、人間には多少の「飢え」というのは必要だなと思う今日この頃。腹六分目恋愛も 少し飢えるくらいがちょうどいい。満腹はだめだなぁー  すべてにおいて😊やはり、豊かなんだなーきっと。

ものの言い方ひとつ

医療法人 歓生会 豊岡中央病院様今年もご依頼をいただき、全職員向け医療接遇講演で2018 私事 病院びっくり事件簿やホステスの会話術をもとに?(笑)お話をさせていただきました(どんな講演じゃ)。医療業界は、学校を卒業すると様々なマナーや接遇研修を受けず専門職の学びに集中するのが普通なのですがこちらの病院ではより一層、質の高い医療サービスを目指そうと熱心に接遇の学びを重ねております😊巨大リハビリ室にて😊………今年は、父親の入院三昧で病院に足を運ぶ機会が多く同時に医療接遇で考えさせられること、学ぶべきことが多くあるように感じます。自身の体験と今年の病院での出来事あれこれをもとに患者様側、職員側の中立な立場から感じたこと、そして主に職員間のコミュニケーションについてお話をさせていただきました。コミュニケーションは、どの業界でもここでも、あそこでも結局、トラブルのほとんどは「ものの言い方」なんだよね(笑)。同じこと一つ伝えるのにもやんわり伝わる言い方カドがたつ言い方感情をそのままぶつけた言い方などによって受け取る側の態度も違うものになるものです。先日の介護研修で、職員からのお悩み相談でも、やはり「物言い」に関してでした。職場での人間関係のトラブルも「言い方がきつい」が圧倒的に多く表現の仕方ひとつで空気感ってガラッと変わるんだろうなぁと毎日痛感しています。また、今回の講演でも話しましたが人というのは、みんな「自分軸」で判断していて、「自分がただしい」と思っているから「誰が悪い、何が悪い」と批判するわけで、でも、ひょっとしたら自分も何か間違っているかもしれないな…という余裕というか、客観性を持つことも大事だよねというお話をしました。人は良いところもあれば悪いところもあってそれを補いあいながら生きていくわけで。それを許容する余裕を持つというかそれを持たないと逆に自分が苦しくなっちゃうから、人付き合いは、真摯に付き合えど深刻にならないこともコツなのかなとそんなことを思っています。あと、トラブルメーカーというのも存在し、人間関係を面白がって壊す人たちもいるわけで、でも、それに振り回されないというか誰がどう言っていたとかそういうことを鵜呑みにして、神経をすり減らさないことかなとも思います。よく考えてみるとわたしは、人間関係でストレスってないんですね。多少嫌なことがあっても忙しすぎて、そこに神経を集中させられないこともあるし、毎日いろんなことがあるので上書きされていき、しかもとにかく物忘れがひどいので忘れる(笑)。でも、記憶から消えるというのはわたしにとっては、ストレスフリーなので物忘れがひどいのもある意味、メンタルを維持する上では良いことなのかな?とも思っています。この日は、雨が降っていたけど花火が上がりました🌸